《SHLラボ通信》2021/12/27

2021年12月28日

《SHLラボ通信2020/12/27》
サイトサポート事業ご案内(再掲)

=SHLラボは「公式サイトの見える化・ネット放送局化」を支援しています=
▲コロナ禍の拡大に加え、異常寒波が訪れる予想のある今冬。止む無くステイホームをされる信徒の方が増加しています。ご自宅からのネット礼拝・各集会への参加が必須になってきました。
▲新来会者の大半は「情報量の少ないパンフレット等の配布」より「口コミ」による方が圧倒的に効果があります。ところがこの「口コミ」も伝達者が偏った情報を伝える可能があるので、興味の無い方にはなかなか届かないことが多いのです。現在はネットの時代です。興味があれば必ず「近くの教会」を検索して探し出します。ところが、せっかくネットで教会公式ページを探し出しても、ただの①「看板状態」「掲示板状態」で中身が何も見えない、あるいは②「商品品薄状態」で興味を引くものに乏しい、逆に③「閉店ガラガラ状態」で、次々に新しい画像を入れてリニューアルするのだけれど閲覧数が一向に伸びないなどの困った状況が起きています。
========================================
●そこでSHLが提唱するのは「普通の公式サイト」を➊「公式サイトの見える化(可視化)」や➋「ネット放送局」化することです。
========================================
➊「公式サイトの見える化(可視化)」とは、教会の行事だけでをアップするだけではなく、牧師先生の私生活を綴る投稿コーナー、あるいは信徒さんからの投稿コーナー(写真・習字・俳句・絵画などなど)、料理レシピや、草花の育て方、育児教育などの話題を用意することで、教会の中身が可視化していくことです。得体のしれない人々の集まりではなく、「ああ、こんな人が来てるんだ」と安心するのです。こうすることで、まず信徒さんが毎日覗き始めます。さらに信徒さんのと友達が覗いてくれるはずです。敷居の高かった教会が身近に感じられるようになりアクセス数が増加します。
➋「ネット放送局化」とは、各種多様な動画や音声コンテンツを日替わり・週替わりでアップします。これはかなり効果があります。今でも「教会っていつも同じお題目を唱えてるんでしょ?」くらいにしか思っていない方がまだまだたくさんいるのです。説教番組だけでなく、讃美歌番組などなどもいいですね。あるいは信徒さんの証とか、若い方にはDJ番組を提供してもらうのもいいでしょうね。