SHLの歩み

2024年6月19日

KernelTender
KernelTender
SHLの歩みをご紹介します。
そして以下は私の歩みでもあります。20代は蒸気機関車の様に我武者羅に伝道活動してました。30~50代は学習塾に燃えてました。塾生MAX450名。60代心筋梗塞発症(主なる神様の導きですね)で行動制限されましたがWEBの世界に活路を見出しました。

1977年 伝道機関紙(月間)「SsakoHotline」を発行。文書伝道係の兄弟姉妹と共に毎月2000軒に戸別配布。[本庄キリスト集会(プリマスブラザレン)※上里キリストチャペル]
1979年 留守番電話機能を使ったテレフォン伝道「ShalomHotLine」開始。案内カードを作成し駅前・学校前に配布。[本庄キリスト集会(プリマスブラザレン)]
1984年 学習塾「グレイスアカデミー(浅香塾)」を開業
境家の教会を自宅にて開始
韓国諸集会で講演活動
伝道機関紙(月間)「ShalomHotline」を発行。毎月2000軒に戸別配布。[境家の教会] ・上毛新聞主催「HPコンテスト」携帯サイト部門2年連続入賞(賞品:ファクシミリ)
・私立高校HPのアドバイス
・塾公式サイトでビデオ講義(中学数学・理科)開始・オンライン双方向授業開始
・朝日新聞デジタル版に「学習塾でのeラーニング」について掲載されました
・教育関係企業2社からビデオ講義制作依頼(約1000本)
2018年 2018年8月心筋梗塞発症開胸施術。
※72日間の入院生活。塾廃業(35年経営)。持ち家売却・転居。生活保護受給者生活(1年)
教会サイト研究ラボ「ShalomHotline」発足。
・教会サイト・団体サイト・企業サイトのサポート開始。
境家の教会公式サイト開始。
2024年 JCCN(ジャパン・クリスチャン・サークル・ネットワーク)開始。

Posted by kerneltender